オーガニックキャットフードを比較してみよう

organic

残念ながら安価なキャットフードには、ほぼすべて、保存料や着色料といった添加物が含まれています。そこで、すこしでも安全なものを食べさせてあげたいと考える飼い主が選択するのが、オーガニックのキャットフードなのです。
今回は、そんなオーガニックフードと、一般的な市販のキャットフードの比較をご紹介したいと思います。

まず、何が違うのかということですが、大きくところが2点あります。

1つが「原材料の品質」で、もう1つが「化学合成添加物の有無」です。

実は、キャットフードの原材料表示に記載されている「鶏副産物」とは、鶏肉のことではありません。人間が食肉用として処理して残った鶏の骨を砕いたもののことを指します。
つまり、いらなくなったものなのです。栄養としては、一応タンパク質の扱いとなってしまうため成分表示にも記載はありますが、その品質は最悪と言ってもいいほどです。

また、キャットフードの生産コスト削減や在庫の管理のしやすさを追求するあまり、酸化防止剤や防腐剤が多く使われていることがあります。場合によっては、この成分がアレルギーや皮膚病、その他の病気を引き起こす原因になっていることがあります。

その点、オーガニックのキャットフードであれば規制対象となっている項目があり、また、その項目の基準が設けられていますので、安心して毎日与えることができるのです。

安全性の基準、選び方については、こちらのサイトにて確認するといいでしょう。

また、具体的な商品は、ここで確認するのがいいでしょう。